古語:

心も言葉も及ばれずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 心も言葉も及ばれずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-も-ことば-も-およば-れ-・ず 【心も言葉も及ばれず】

分類連語


想像することも言葉に表すこともできない。


出典平家物語 七・竹生島詣


「此この嶋(しま)の景気を見給(たま)ふに、こころもことばもおよばれず」


[訳] この島の景色をご覧になるが、(あまりに見事で、見る前に)想像することも、(見て)言葉に表すこともできない(ほどだ)。◆「およばれず」は、動詞「およぶ」の未然形+可能の助動詞「る」の未然形+打消の助動詞「ず」








心も言葉も及ばれずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心も言葉も及ばれずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心も言葉も及ばれずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS