古語:

心後るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-おく・る 【心後る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


気がきかない。頭の働きが劣る。


出典源氏物語 帚木


「推(お)しはからず詠み出(い)でたる、なかなかこころおくれて見ゆ」


[訳] (事情を)察することもしないで、(歌を)詠み出したのは、どうも気がきかないように見える。


気おくれする。気が弱る。


出典源氏物語 梅枝


「あやしうこころおくれても進み出(い)でつる涙かな」


[訳] 妙に気が弱って、ひとりでに流れでてしまう涙よ。


参考

では、多く「て」「たり」を伴って状態の継続する意を表す。








心後るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心後るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心後るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS