古語:

心憎しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-にく・し 【心憎し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


奥ゆかしい。心が引かれる。上品で美しい。


出典源氏物語 桐壺


「こころにくき限りの女房四五人(よたりいつたり)さぶらはせ給(たま)ひて」


[訳] 奥ゆかしい女房だけを四、五人そばにお仕えさせになり。


恐ろしい。気がかりだ。


出典平家物語 六・飛脚到来


「その者、こころにくからず」


[訳] その者は恐ろしくはない。◇中世以降の語。


怪しい。いぶかしい。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「こころにくし。重き物を軽う見せたるは隠し銀(がね)に極まるところ」


[訳] 怪しい。重い物を軽く見せているのは、隠し金があるにきまっている。◇近世語。









心憎しのページへのリンク
「心憎し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心憎しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心憎しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS