古語:

拍子の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はう-し 【拍子】

名詞

「ひゃうし


」に同じ。「笏拍子(さくはうし)」の略。「ひゃうし


」に同じ。「しゃくびゃうし」とも。◆「はくし」のウ音便。



ひゃう-し 【拍子】

名詞

(音楽の)拍子。リズム。


音楽・舞などに合わせ、はずみをつけるために打ち鳴らして取る拍子。


神楽・催馬楽(さいばら)などで使う打楽器の一種。笏(しやく)のような平たい板二枚を打ち合わせて音を出すもの。歌を歌う人が節回しの間に打って調子を取る。笏拍子(しやくびようし)。◆「はうし」とも。









拍子のページへのリンク
「拍子」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

拍子のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




拍子のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS