古語:

持て扱ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もて-あつか・ふ 【持て扱ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


世話を焼く。


出典源氏物語 若菜上


「懐をさらに放たずもてあつかひつつ」


[訳] 懐(ふところ)から決して離さず世話を焼いては。


取り扱いに困る。もてあます。


出典源氏物語 総角


「宿直人(とのゐびと)がもてあつかひけむ思ひ合はせられて」


[訳] 宿直の者がもてあましただろうと思い合わされて。








持て扱ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

持て扱ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




持て扱ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS