古語:

掟つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おき・つ 【掟つ】

他動詞タ行下二段活用

{語幹〈おき〉}


あらかじめ決めておく。計画する。


出典源氏物語 幻


「仏などのおきて給(たま)へる身なるべし」


[訳] 仏様などがあらかじめ決めておきなさったわが身なのだろう。


指図する。命令する。


出典徒然草 一〇九


「高名(かうみやう)の木のぼりといひしをのこ、人をおきてて、高き木にのぼせて」


[訳] 有名な木登りと(世間の人が)言った男が、人を指図して、高い木に登らせて。


取り計らう。管理する。


出典今昔物語集 二八・三五


「出納(しゆつなふ)・小舎人(こどねり)など、平張りの内にて、皆これをおきてつ」


[訳] 出納(=文書・雑具を管理する役人)や小舎人(=雑用をする役人)などが、幕を張って作った仮小屋の中で、すべてこれを管理した。









掟つのページへのリンク
「掟つ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

掟つのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




掟つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS