古語:

滅ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほろ・ぶ 【滅ぶ・亡ぶ】

自動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


なくなる。滅びる。消滅する。破滅する。


出典平家物語 一・祇園精舎


「たけき者も遂(つひ)にはほろびぬ、偏(ひとへ)に風の前の塵(ちり)に同じ」


[訳] 勢いが盛んな者も最後には滅びてしまう、まったく風の前の塵と同じである。


亡くなる。死ぬ。


出典宇津保物語 俊蔭


「父・母ほろびて」


[訳] (私の)父母は亡くなって。


落ちぶれる。衰えすたれる。


出典枕草子 したり顔なるもの


「『いと異様(ことやう)にほろびて侍(はべ)るなれば』など言ふも」


[訳] 「とても普通並みでなく、(地方へ)落ちぶれるのでございますから」などと言うのも。









滅ぶのページへのリンク
「滅ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

滅ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




滅ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS