古語:

潜くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かづ・く 【潜く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


水中にもぐる。


出典万葉集 七二五


「にほ鳥のかづく池水」


[訳] かいつぶりがもぐる池の水よ。


(水中にもぐって魚や貝などを)とる。


出典万葉集 二七九八


「伊勢の海人(あま)の朝な夕なにかづくとふ鰒(あはび)の貝の片思(も)ひにして」


[訳] (私の恋は)伊勢の漁師が朝夕に水中にもぐってとるというあわびの貝が一枚であるように片思いであって。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


(水中に)もぐらせる。


出典万葉集 三三三〇


「隠(こも)り口(く)の(=枕詞(まくらことば))泊瀬(はつせ)の川の上(かみ)つ瀬に鵜(う)を八頭(やつ)かづけ」


[訳] 泊瀬の川の上流で鵜をたくさんもぐらせ。



く・く 【漏く・潜く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


もれる。間をくぐり抜ける。


出典古事記 神代


「子の中に我が手俣(たなまた)よりくきし子なり」


[訳] (たくさんの)子供の中で私の手指の間からもれた子ですよ。



かずく 【被く・潜く】

⇒かづく








潜くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

潜くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




潜くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS