古語:

玉水の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たま-みづ 【玉水】

名詞

清水(しみず)。▽水の美称。清らかな水。


出典伊勢物語 一二二


「山城(やましろ)の井手(ゐで)のたまみづ手にむすび」


[訳] 山城の国(京都府)の井手(=地名)の清水を手ですくって。◇「たま」は接頭語。


雨垂れなどのしずく(=「玉」)になってしたたり落ちる水の美称。


出典新古今集 春上


「山深み春とも知らぬ松の戸にたえだえかかる雪のたまみづ」


[訳] ⇒やまふかみ…。









玉水のページへのリンク
「玉水」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

玉水のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




玉水のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS