古語:

病むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

や・む 【病む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


病気になる。病気で苦しむ。


出典徒然草 五三


「からき命まうけて久しくやみ居たりけり」


[訳] あやうい命を助かって、長い間病気で苦しんでいた。


思い悩む。


出典万葉集 三三二九


「恋ふれかも胸のやみたる」


[訳] 恋しているからか、胸が思い悩んでいる。


[二]他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


病気におかされる。体を悪くする。


出典源氏物語 空蟬


「をととひより腹をやみて、いとわりなければ」


[訳] おとといから腹を悪くして、どうにもがまんできないので。


心配する。思い悩む。(心を)痛める。


出典伊勢物語 五


「いといたう心やみけり」


[訳] (男のよこした和歌に女は)たいそうひどく心を痛めた。









病むのページへのリンク
「病む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

病むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




病むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS