古語:

世の中騒がしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 世の中騒がしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よのなか-さわが・し 【世の中騒がし】

分類連語


悪性の伝染病が流行して、世の中が落ち着かない。


出典栄花物語 見果てぬ夢


「今年よのなかさわがしう、春よりわづらふ人々多く」


[訳] 今年は伝染病が流行して世の中が落ち着かなく、春以来病みわづらう人々が多く。◇「さわがしう」はウ音便。









世の中騒がしのページへのリンク
「世の中騒がし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

世の中騒がしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




世の中騒がしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS