古語:

世の常ならずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 世の常ならずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ-の-つね-なら-・ず 【世の常ならず】

分類連語


並々でない。並みひと通りでない。


出典源氏物語 紅葉賀


「朱雀院(すさくゐん)の行幸(ぎやうがう)は神無月(かむなづき)の十日あまりなり。よのつねならず、おもしろかるべきたびのことなりければ」


[訳] 朱雀院への(桐壺帝(きりつぼのみかど))行幸は十月の十日過ぎである。並々でなく、すばらしいと期待されるこのたびのお催しであったので。









世の常ならずのページへのリンク
「世の常ならず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

世の常ならずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




世の常ならずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS