古語:

世の常の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ-の-つね 【世の常】

分類連語


世間並み。普通。


出典徒然草 一四二


「衣食よのつねなる上に、僻事(ひがこと)せん人をぞ、まことの盗人とはいふべき」


[訳] 衣食が世間並みであるうえに、悪事をするような人を本当の盗人ということができる。


言うもおろか。当たり前過ぎる表現。


出典枕草子 一条の院をば今内裏とぞいふ


「なほいみじうめでたしと言ふもよのつねなり」


[訳] なんといってもほんとうにすばらしいと言うのも当たり前すぎる表現である。









世の常のページへのリンク
「世の常」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

世の常のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




世の常のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS