古語:

眺め経の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ながめ-・ふ 【眺め経】

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


物思いに沈みながら月日を過ごす。


出典蜻蛉日記 上


「わが宿のなげきの下葉色ふかくうつろひにけりながめふるまに」


[訳] わたしの家の木の下葉は長雨の降り続く間に色が深くなってしまった。わたしの容色もすっかり衰えてしまったことだ。物思いに沈みながら月日を過ごす間に。


参考

和歌では「長雨(ながめ)降る」とかけて用いることが多い。








眺め経のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

眺め経のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




眺め経のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS