古語:

立ち並ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たち-なら・ぶ 【立ち並ぶ】

[一]自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


立って並ぶ。並ぶ。


出典平家物語 九・一二之懸


「熊谷(くまがへ)親子は、中を割られじと、たちならんで」


[訳] 熊谷親子は敵に割り込まれまいと並んで。


匹敵する。肩を並べる。同じほどになる。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「わが丈(たけ)たちならぶまで養ひ奉りたるわが子を」


[訳] 私の背丈と同じほどになるまで養い申し上げたわが子を。


[二]他動詞バ行下二段活用

活用{べ/べ/ぶ/ぶる/ぶれ/べよ}


同等に扱う。同一視する。


出典源氏物語 玉鬘


「さりとも、明石(あかし)の並(なみ)には、たちならべ給(たま)はざらまし」


[訳] それでも明石の上なみには同等に扱いなさらないだろう。









立ち並ぶのページへのリンク
「立ち並ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

立ち並ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




立ち並ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS