古語:

緩ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆる・ぶ 【緩ぶ・弛ぶ】

[一]自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


たるむ。ゆるくなる。


出典万葉集 三二六二


「わが帯ゆるふ朝夕(あさよひ)ごとに」


[訳] 私の帯はゆるくなる朝夕ごとに。


(暑さや寒さが)やわらぐ。


出典枕草子 春はあけぼの


「昼になりて、ぬるくゆるびもて行けば」


[訳] 昼になって、だんだんと生暖かく、寒さがやわらいでいくと。


(気持ちの張りや緊張が)とける。気がゆるむ。怠る。


出典万葉集 四〇一五


「心にはゆるふことなく」


[訳] 気持ちはゆるむことなく。


のびのびする。(心に)余裕がある。


出典源氏物語 末摘花


「心やすき独り寝の床にて、ゆるびにけりや」


[訳] 気がねのいらない独り寝の床で、のびのびしてしまったよ。


[二]他動詞バ行下二段活用

活用{べ/べ/ぶ/ぶる/ぶれ/べよ}


ゆるめる。たるませる。


出典万葉集 二九八六


「梓弓(あづさゆみ)引きみゆるへみ」


[訳] 梓弓を引いたりゆるめたり。


(厳しさを)ゆるめる。寛大にする。手心を加える。


出典源氏物語 葵


「少しゆるべ給(たま)へや」


[訳] 少し(祈禱(きとう)を)おゆるめくださいよ。◆上代には、「ゆるふ」といった。








緩ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

緩ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




緩ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS