古語:

緩緩との意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆる-ゆる(と) 【緩緩(と)】

副詞

ゆっくり(と)。そろそろ(と)。▽急がないようす。


出典枕草子 檳榔毛は


「ゆるゆると久しく行くはいとわろし」


[訳] (網代車(あじろぐるま)が)ゆっくりと時間をかけて行くのは、たいへん見劣りがする。


ゆったり(と)。のんびり(と)。▽ゆとりがあるようす。


出典源氏物語 行幸


「桜の下襲(したがさね)、いと長う裾(しり)ひきて、ゆるゆるとことさらびたる御もてなし」


[訳] 桜の下襲の、たいそう長く裾(すそ)をひいてゆったりと改まったようである御振る舞いは。


やわらかく。


出典沙石集 七


「かの堅かりける物、ゆるゆるとなりて、あとかたなくとけて失(う)せにけり」


[訳] (お腹の中にあった)あの堅かった物は、やわらかくなって、あとかたなくとけて消えてしまった。








緩緩とのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

緩緩とのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




緩緩とのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS