古語:

習ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ならひ 【慣らひ・習ひ】

名詞

慣れること。習慣。しきたり。ならわし。


出典徒然草 一三七


「花の散り、月の傾(かたぶ)くを慕ふならひはさることなれど」


[訳] (桜の)花が散り、月が傾くのを愛惜する習慣は、もっともなことであるけれども。


(世間の)きまり。さだめ。世の常。


出典方丈記 


「朝(あした)に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける」


[訳] 朝に死ぬ者があれば、夕方に生まれる者があるという(人の世の)さだめは、ちょうど水の泡に似ていることだ。


(昔からの大事な)言い伝え。由緒。


出典徒然草 二三六


「この御社(みやしろ)の獅子(しし)の立てられやう、定めてならひあることに侍(はべ)らん」


[訳] この神社の獅子の立てられ方は、きっと(特別な)由緒があることでしょう。









習ひのページへのリンク
「習ひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

習ひのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




習ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS