古語:

興の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きょう 【興】

名詞

おもしろみ。興趣。興味。


出典竹取物語 燕の子安貝


「をかしき事にもあるかな。…きょうあること申したり」


[訳] おもしろいことだなあ。…興味あることを言ってくれた。


その場の戯れ。座興。


出典徒然草 一七五


「酒を勧めて、強(し)ひ飲ませたるをきょうとする事」


[訳] 酒を勧めて、無理に飲ませているのをその場の戯れとすることは。


漢詩の「六義(りくぎ)」の一つ。事物に感じて感興を述べるもの。六義を和歌に応用して、和歌の六義の一つともし、『古今和歌集』の仮名序では「たとへうた」を当てている。









興のページへのリンク
「興」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

興のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




興のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS