古語:

跡絶ゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あと-た・ゆ 【跡絶ゆ】

自動詞ヤ行下二段活用

活用{え/え/ゆ/ゆる/ゆれ/えよ}


行方をくらます。俗世を捨てて隠遁(いんとん)生活に入る。


出典源氏物語 明石


「これより深き山を求めてや、あとたえなまし」


[訳] ここよりも深い山を探し求めて、(いっそのこと)行方をくらましてしまおうか。


訪れる人がなくなる。


出典源氏物語 末摘花


「今は浅茅(あさぢ)分くる人もあとたえたるに」


[訳] 今は浅茅を分けて訪れる人もなくなっていたところに。


音信が途絶える。


出典源氏物語 橋姫


「京のことさへあとたえて」


[訳] 京のことまでも音信が途絶えて。



と-だ・ゆ 【跡絶ゆ】

自動詞ヤ行下二段活用

活用{え/え/ゆ/ゆる/ゆれ/えよ}


行き来がとだえる。特に、男が女の所に通わなくなる。


出典源氏物語 総角


「久しうとだえ給(たま)はむは、心細からむ」


[訳] 長い間行き来がとだえなさるのは、心細く思っているだろう。








跡絶ゆのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

跡絶ゆのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




跡絶ゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS