古語:

転めくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くる-め・く 【転めく・眩く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


くるくると回る。


出典宇治拾遺 一三・一二


「こまつぶりのやうにくるめきて」


[訳] こまのようにくるくると回って。


〔多く「目くるめく」の形で〕目まいがする。


出典徒然草 一〇九


「目くるめき、枝危ふきほどは」


[訳] (高い木に登り)目まいがし、枝が(折れそうで)危ない間は。


あわてて騒ぎまどう。騒がしく立ち回る。


出典宇治拾遺 三・二


「『あな、あさまし』と言ひてくるめきける程に」


[訳] 「まあ、あきれたことだ」と言って、あわてて騒ぎまどっていた間に。








転めくのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

転めくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




転めくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS