古語:

遊ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あそ・ぶ 【遊ぶ】

[一]自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


(詩歌を作ったり、音楽を演奏したり、歌舞をしたりして)楽しむ。


出典枕草子 御仏名のまたの日


「ひとわたりあそびて、琵琶(びは)弾きやみたる程に」


[訳] 一とおり音楽を楽しんで、琵琶を弾き終えたときに。


遊戯する。


出典伊勢物語 二三


「昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでてあそびけるを」


[訳] 昔、田舎で生計を立てていた人の子供たちが、井戸のところに出て遊戯をしていたが。


狩りをする。


出典古事記 雄略


「やすみしし(=枕詞(まくらことば))わが大君のあそばしし猪(しし)の」


[訳] わが大君が狩りをしなさっ(て射られ)た猪(いのしし)が。


自由に動き回る。気ままに歩きまわる。


出典伊勢物語 九


「白き鳥の、嘴(はし)と足と赤き、鴫(しぎ)のおおきさなる、水の上にあそびつつ魚(いを)を食ふ」


[訳] 白い鳥であって、くちばしと脚とが赤い、鴫くらいの大きさのある(鳥が)、水の表面で自由に泳ぎ回りながら魚をとって食う。


[二]他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


(楽器を)演奏する。奏でる。


出典伊勢物語 四五


「宵はあそびをりて、夜ふけてやや涼しき風吹きけり」


[訳] 宵のうちは音楽を演奏していて、夜がふけてしだいに涼しい風が吹いた。



すさ・ぶ 【荒ぶ・遊ぶ】

自動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


慰み楽しむ。気の向くままに…する。慰みに…する。


出典源氏物語 澪標


「箏(さう)の御琴引き寄せて、かき合はせすさび給(たま)ひて」


[訳] (源氏は)箏(そう)のお琴を引き寄せて、調子を整え、気の向くままに弾きなさって。


盛んに…する。ほしいままに…する。さかる。


出典万葉集 二二八一


「朝露に咲きすさびたるつき草の」


[訳] 朝露に盛んに咲いている露草が。


衰えてやむ。


出典新古今集 恋四


「思ひかねうち寝(ぬ)る宵もありなまし吹きだにすさべ庭の松風」


[訳] 待つ思いの苦しさに耐えかねて寝てしまう宵もきっとあろう。せめて(眠りを妨げないように)吹き衰えてくれ、庭の松風よ。


語の歴史

平安時代までは、四段・上二段の例が見えるが、平安時代末期以後、四段活用が中心となり、一般的には使われなくなる。意味も、古くは、「気の向くままに行動する」意であったが、その意味の一部分である「荒れる」が特に強く意識されるようになり、現代語では、「風吹きすさぶ」のようにその意だけで使われている。なお、バ行音・マ行音は音が近いことから、「すさぶ」「すさむ」の両形が古くから併用された。









遊ぶのページへのリンク
「遊ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

遊ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




遊ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS