古語:

遠慮の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゑん-りょ 【遠慮】

名詞

先を見通した深い考え。


出典保元物語 中


「はげたる矢をさしはづす、ゑんりょの程こそ神妙なれ」


[訳] 弓につがえた矢をはずす、先を見通した深い考えは殊勝なことである。


他人に対して言動を控え目にすること。気がねすること。


出典くじ罪人 狂言


「ゑんりょなしに言うてみよ」


[訳] 気がねなしに言ってみろ。


江戸時代、武士・僧侶(そうりよ)に対する刑罰の一種。軽い謹慎刑で、閉門させるが、潜(くぐ)り戸は引き寄せておくだけでよく、夜間のそこからの出入りは許した。









遠慮のページへのリンク
「遠慮」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

遠慮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




遠慮のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS