古語:

遠みの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とほ-み 【遠み】

遠いので。


出典後拾遺集 春上


「道とほみ行きては見ねど桜花心をやりて今日は帰りぬ」


[訳] 道のりが遠いので、行って目のあたりに見はしないけれども、山の桜に心をはせて今日一日を暮らしたことだ。◆派生語。


なりたち

形容詞「とほし」の語幹+接尾語「み」









遠みのページへのリンク
「遠み」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

遠みのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




遠みのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS