古語:

霧の迷ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きり-の-まよひ 【霧の迷ひ】

分類連語


霧が立ちこめて、物がはっきりと見えないこと。


出典源氏物語 野分


「きりのまよひは、いと艶(えん)にぞ見えける」


[訳] 霧が立ちこめる中の情景は、たいそう優美に見えた。


心の迷いや憂いのたとえ。


出典源氏物語 橋姫


「いぶせかりしきりのまよひもはるけはべらむ」


[訳] うっとうしかった憂いも晴らすことにいたしましょう。








霧の迷ひのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

霧の迷ひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




霧の迷ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS