古語:

鶴の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たず 【鶴・田鶴】

⇒たづ



たづ 【鶴・田鶴】

名詞

鶴(つる)。


出典万葉集 九一九


「若の浦に潮満ち来れば潟(かた)を無み葦辺(あしへ)をさしてたづ鳴き渡る」


[訳] ⇒わかのうらに…。


参考

『万葉集』の時代にはすでに「つる」という語と併存していたが、歌語としては「たづ」が用いられた。



つる 【鶴】

名詞

鳥の名。古くから、亀(かめ)と共に長寿の象徴とされている。


参考

歌語としては、『万葉集』以来「たづ」を用いるのが常である。









鶴のページへのリンク
「鶴」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

鶴のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




鶴のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS