古語:

あまのややの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あまのややの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あまのやや…

分類俳句


「蜑の家や戸板を敷きて夕涼み」


出典奥の細道 象潟・低耳(ていじ)


[訳] 象潟(きさかた)の海岸にある漁師の家々では、縁台の代わりに戸板を浜辺に敷き並べて、夕涼みをしている。


鑑賞

低耳は、芭蕉(ばしよう)と旧知の仲であった美濃(みの)の国(岐阜県)の商人で俳人。象潟に行商に来ていた折の作。漁師の質素な生活の一端をとらえた句。「蜑の家」は漁師の家。季語は「夕涼み」で、季は夏。








あまのややのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あまのややのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あまのややのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS