古語:

おぼろけなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おぼろけなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼろけ・なり

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


〔多く下に打消の語や反語表現を伴って〕普通だ。並ひととおりだ。ありきたりだ。


出典枕草子 木の花は


「『梨花(りくわ)一枝、春、雨を帯びたり』など言ひたるはおぼろけならじと思ふに」


[訳] (楊貴妃(ようきひ)の泣き顔を)「一枝の梨の花が、春、雨を含みもっている」などと詩にうたうのは、並ひととおり(の美しさ)ではないだろうと思うと。


並ひととおりではない。格別だ。


出典源氏物語 薄雲


「おぼろけに思ひ忍びたる御後見とは思し知らせ給(たま)ふらむや」


[訳] 並ひととおりでなく我慢をしてのお世話であるとは十分にご理解なさっていらっしゃるでしょうか。


語の歴史

中世末期までは「おぼろけなり」と「け」は清音であったが、近世以降、「おぼろげなり」と濁るようになった。









おぼろけなりのページへのリンク
「おぼろけなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おぼろけなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おぼろけなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS