古語:

かくとだにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かくとだにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かくとだに…

分類和歌


出典百人一首 


「かくとだにえやはいぶきのさしも草(ぐさ)さしも知らじな燃ゆる思ひを」


出典後拾遺集 恋一・藤原実方(ふぢはらのさねかた)


[訳] こんなにあなたに恋しているということだけでも言えましょうか。(いや、とても言えません。)だから、伊吹山(いぶきやま)のさしも草のように燃えている私の思いがそれほどとは、あなたはおわかりにはならないでしょうね。


鑑賞

「さしも草」は蓬(よもぎ)の異称。葉を干して、もぐさにする。伊吹・伊吹山はその名産地で、「いぶきのさしも草」は同音の「然さしも」を導く序詞(じよことば)。「いぶき」には「言ふ」と「伊吹」とをかけている。また、「思ひ」の「ひ」には「火」をかけている。









かくとだにのページへのリンク
「かくとだに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かくとだにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かくとだにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS