古語:

さしも草の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さし-もぐさ 【さしも草】

名詞

蓬(よもぎ)の別名。葉を干して、もぐさにする。させもぐさ。


出典後拾遺集 恋一


「かくとだにえやはいぶきのさしもぐささしも知らじな燃ゆる思ひを」


[訳] ⇒かくとだに…。


参考

和歌では、この用例のように、もぐさの名産地の伊吹・伊吹の山に続けて用い、同音の「さしも(=それほどにも)」を導くことが多い。









さしも草のページへのリンク
「さしも草」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さしも草のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さしも草のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS