古語:

かはゆしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かはゆ・し

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


恥ずかしい。気まり悪い。


出典右京大夫集 


「いたく思ふままのことかはゆくおぼえて」


[訳] あまりに自分の思っているままのことでは恥ずかしく思われて。


見るにしのびない。かわいそうで見ていられない。


出典徒然草 一七五


「年老い袈裟(けさ)掛けたる法師の、…よろめきたる、いとかはゆし」


[訳] 年をとり、袈裟を掛けた法師が、…よろめいているのは、たいそう見るにしのびない。


かわいらしい。愛らしい。いとしい。◆「かほ(顔)は(映)ゆし」の変化した語。


語の歴史

室町時代からの意味でも用いられるようになり、形は「かはいい」に変わり、現代語「かわいい」につながる。









かはゆしのページへのリンク
「かはゆし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かはゆしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かはゆしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS