古語:

なうの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なう

感動詞

もし。もしもし。▽人への呼び掛けに発する語。


出典羽衣 謡曲


「なう、その衣はこなたのにて候ふ」


[訳] もしもし、その羽衣は私のものでございます。


ああ。おお。▽感動して発する語。


出典隅田川 謡曲


「なうこれは夢かや、あらあさましや候ふ」


[訳] ああ、これは夢だろうか、なんとひどいことでございます。



なう

終助詞

《接続》文の言い切りの形に付く。〔感動や同意を求める〕ねえ。なあ。


出典腰祈 狂言


「さてもさても、久しう見ぬうちに恐ろしい山伏におなりやったなう」


[訳] ほんとにまあ、長い間見ないうちに驚くほど立派な山伏におなりでしたねえ。◆中世以降の語。









なうのページへのリンク
「なう」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なうのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なうのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS