古語:

めにはあをばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > めにはあをばの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

めにはあをば…

分類俳句


「目には青葉山ほととぎす初鰹(はつがつを)」


出典素堂家集 俳諧・素堂(そだう)


[訳] 目にはまぶしく輝く木々の新緑が映り、耳には山ほととぎすの鳴き声が聞こえて、口では新鮮な初鰹を味わうことだ。


鑑賞

前書きに、「かまくらにて」とある。鰹(かつお)は鎌倉の名物であった。鎌倉の初夏の風物を視覚・聴覚・味覚でとらえた軽やかなリズムの句。自評に「目には青葉といひて、耳にほととぎす、口に鰹、とおのづから聞こゆるにや」とあるように、「目には」に対応する「耳には」「口には」を省略した句法が新鮮だった。季語は「青葉・山ほととぎす・初鰹」で、季は夏。









めにはあをばのページへのリンク
「めにはあをば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

めにはあをばのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




めにはあをばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS