古語:

よしとものの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > よしとものの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よしともの…

分類俳句


「義朝の心に似たり秋の風」


出典野ざらし 俳文・芭蕉(ばせう)


[訳] 源義朝の愛妾(あいしよう)常盤御前(ときわごぜん)の塚に秋風が吹いている。義朝の悲壮な心に似た雰囲気のある寂しげな秋の風だ。


鑑賞

美濃(みの)の国(岐阜県)にある常盤御前の墓を訪れた折の句。義朝は、保元の乱で父と弟を討ったが、平治の乱で敗走し、美濃路を落ちて尾張(おわり)(愛知県)で最期をとげた。常盤も東国に逃げる途中、美濃の山中で殺されたとされる。季語は「秋の風」で、季は秋。









よしともののページへのリンク
「よしともの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よしともののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よしともののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS