古語:

消の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

く 【消】

自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


消える。なくなる。


出典万葉集 四〇〇四


「立山(たちやま)に降り置ける雪の常夏(とこなつ)にけずて渡るは神(かむ)ながらとそ」


[訳] 立山に降り積もった雪が夏の間中消えずにあるのは(立山の)神のみ心のままだということだ。


参考

上代に用いられたが、連体形・已然形・命令形の確かな用例は見当たらない。



け 【消】

動詞「く(消)」の未然形・連用形。


出典万葉集 八四九


「早くな散りそ雪はけぬとも」


[訳] 早く散らないでおくれ、たとえ雪が消えてしまおうとも。



ショウ 【小・少・抄・昭・笑・消・逍・鈔・焦・焼・蕉】

⇒せう









消のページへのリンク
「消」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

消のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




消のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS