古語:

自然にの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

し-ぜん(に) 【自然(に)】

副詞

おのずから。


出典枕草子 世の中になほいと心憂きものは


「しぜんに、宮仕へ所にも親・はらからの中にても、思はるる・思はれぬがあるぞ、いとわびしきや」


[訳] おのずから、宮仕えする所でも、親・兄弟姉妹の中でも、愛される・愛されないがあるのは、とてもつらいことよ。


もしも。万一。


出典平家物語 四・競


「しぜんのこと候はば、真っ先駆けて命を奉らん」


[訳] 万一のことがございましたら、真っ先に駆けつけて命を差し上げよう。


注意

現代語にの意味はない。中世では「しぜん」はの意味に用いられることが多い。



じねん-に 【自然に】

副詞

しぜんに。おのずから。ひとりでに。


出典源氏物語 帚木


「人の品高く生まれぬれば、…じねんにそのけはひこよなかるべし」


[訳] 人が高貴な身分に生まれると、…しぜんにそのようすも格別にすぐれている(ように見える)だろう。









自然にのページへのリンク
「自然に」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

自然にのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




自然にのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS