古語:

うそうそとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うそうそとの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うそ-うそ(と)

副詞

そわそわ(と)。きょろきょろ(と)。うろうろ(と)。▽落ち着かないようすを表す。


出典菅原伝授 浄瑠


「月影もるる木の間(ま)木の間、うそうそ窺(うかが)ふ同腹中(どうぶくちゆう)」


[訳] 月光がもれてくる木の間をきょろきょろうかがう、悪事の仲間同士。


のそのそ(と)。▽ぼんやりしていて、はっきりしないようすやまのぬけたようす。


出典柳多留拾遺 川柳


「うそうそと来て物申(ものまう)のいらひどさ」


[訳] (使いの者が)のそのそとやって来て案内を請う声のひどさよ。


空虚なようすを表す語。


出典雑談集 四


「鼻柱は倒れて、穴のみぞ二つうそうそとしてあきたる」


[訳] 鼻柱は折れて、穴だけが二つうつろに空いている。








うそうそとのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うそうそとのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うそうそとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS