古語:

うずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うず

助動詞サ変型

《接続》動詞の未然形に付く。


活用{○/○/うず・うずる/うずる・うず/うずれ/○}


〔推量〕…だろう。…う。


出典入間川 狂言


「さやうにござあらうずるとは存じたれども」


[訳] そのとおりでございましょうとは存じましたけれども。


〔意志〕…う。…よう。


出典宗論 狂言


「そなたの弟子に成らうず」


[訳] お前の弟子になろう。


〔適当・当然〕…するのがよい。…すべきである。


出典天草伊曾保 


「凡人(ぼんにん)よりも重罪に付せうずること」


[訳] 普通の人よりも重罪に付するのがよいこと。◆「んず」の変化した語。室町時代の会話文で盛んに用いられた。



うず 【髻華】

名詞

奈良時代、草木の枝葉・花などを髪や冠に挿して飾りとしたもの。挿頭(かざし)。









うずのページへのリンク
「うず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS