古語:

うしとのみの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うしとのみの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うしとのみ…

分類和歌


「憂しとのみひとへに物は思ほえで左右(ひだりみぎ)にも濡(ぬ)るる袖(そで)かな」


出典源氏物語 須磨


[訳] ただつらいとひたすら思われもせず、恋しさとつらさの両方に濡れている私の袖であることよ。


鑑賞

都を離れ須磨(すま)に謹慎する源氏が、十五夜に都の人々をしのんで詠んだ歌。この夜、宮中では中秋の名月の宴がある。「左右」は兄帝を恋しく思うのと、須磨への退去を恨めしく思う両方の気持ちで、という意味。「ひとへ」は「単(ひとへ)(袖の縁語)」をかける。








うしとのみのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うしとのみのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うしとのみのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS