古語:

うたがたもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うたがたもの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うたがた-も

副詞

きっと。必ず。真実に。


出典万葉集 三六〇〇


「離れ磯(そ)に立てる室(むろ)の木うたがたも久しき時を過ぎにけるかも」


[訳] 陸地から離れて海上に突き出ている磯(いそ)に立っているむろの木はきっと長い年月を過ごしてきたことよ。


〔下に打消や反語表現を伴って〕決して。少しも。よもや。


出典万葉集 三九六八


「うたがたも君が手触れず花散らめやも」


[訳] 決してあなたの手が触れることなしに花が散ったりなどしないであろう。◆上代語。








うたがたものページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うたがたものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うたがたものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS