古語:

くらべこしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > くらべこしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くらべこし…

分類和歌


「比べ来し振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずして誰(たれ)か上ぐべき」


出典伊勢物語 二三


[訳] お互いに長さを比べ合ってきた私の振り分け髪も、肩を過ぎるほどに伸びてしまいました。夫と思い定めたあなた以外のだれのために髪上げをしましょうか。


鑑賞

「上ぐべき」の「上ぐ」は、女子の成人式である髪上げのこと。幼馴染(おさななじ)みの男女が大人になったとき、男の「筒井つの井筒にかけしまろが丈(たけ)過ぎにけらしな妹(いも)見ざるまに」〈⇒つつゐつの…。〉という求愛の歌に、女が応じて詠んだ歌。なお、下の句を「あなたでなくてほかのだれがこの私の髪を結い上げてくれるでしょうか」と解する説もある。









くらべこしのページへのリンク
「くらべこし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

くらべこしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




くらべこしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS