古語:

くれがたきの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > くれがたきの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くれがたき…

分類和歌


「暮れがたき夏の日ぐらしながむればそのこととなくものぞ悲しき」


出典伊勢物語 四五


[訳] なかなか暮れない夏の暑く長い日を、一日中もの思いにふけってぼんやりしていると、何ということもなくすべてがもの悲しく感じられるよ。


鑑賞

ある家の娘が、男に恋をしたが打ち明けることもできず、こがれ死んでしまった。それを伝え聞いた男が急いで娘の家を訪れ、喪に服して詠んだ歌。晩夏の季節感と憂愁とがよく表現されている。係助詞「ぞ」の結びは「悲しき」で強調表現。









くれがたきのページへのリンク
「くれがたき」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

くれがたきのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




くれがたきのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS