古語:

けしきの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け-しき 【気色】

名詞

(自然の)ようす。模様。


出典枕草子 正月一日は


「正月(むつき)一日は、まいて空のけしきもうらうらと」


[訳] 正月一日は、一段と空のようすもうららかで。


(人の)ようす。そぶり。表情。態度。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「切(せち)に物思へるけしきなり」


[訳] しきりに物思いにふけっているようすである。


きざし。兆候。


出典枕草子 心もとなきもの


「子産むべき人の、そのほど過ぐるまでさるけしきもなき」


[訳] 子を産む予定の人が、その時期を過ぎても産まれるきざしがないの(は、不安である)。


機嫌。心の動き。


出典土佐日記 一・一四


「かぢとり、けしき悪(あ)しからず」


[訳] 船頭は、機嫌が悪くない。


意向。心に抱いている考え。


出典源氏物語 桐壺


「春宮(とうぐう)よりも御けしきあるを」


[訳] 皇太子からも、(妻にしたいとの)ご意向があるのを。


特別な事情。わけ。


出典源氏物語 葵


「若き人にて、けしきもえ深く思ひ寄らねば」


[訳] 若い女房で、特別な事情も深くは察することができないので。


参考

「けしき」と「けはひ」の違い 「けしき」が視覚でとらえた自然・人などのようすを表すのに対して、類義語の「けはひ」は、視覚によってはとらえられない、あたりにただよう雰囲気を表す。









けしきのページへのリンク
「けしき」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

けしきのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




けしきのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS