古語:

けはひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け-はひ

名詞

(一)

【気配】


ようす。雰囲気。


出典紫式部日記 寛弘五・七・中


「秋のけはひ入り立つままに、土御門殿(つちみかどどの)のありさま、言はむ方(かた)なくをかし」


[訳] 秋の雰囲気が深まるにつれ、(藤原道長(ふじわらのみちなが)様の)土御門邸のようすは言いようもなく趣がある。


ものごし。態度。品位。


出典源氏物語 帚木


「大方のけしき、人のけはひも、けざやかに気高く」


[訳] 邸内一帯のようすも、姫君のものごしも、すっきりとしていて上品で。


香り。匂い。


出典源氏物語 柏木


「御座(おまし)のあたり、物清げに、けはひ香ばしう」


[訳] お床のあたりは、さっぱりとしていて、香りがかぐわしく漂い。


話し声。物音。


出典徒然草 九


「人のほど、心ばへなどは、もの言ひたるけはひにこそ物越しにも知らるれ」


[訳] その人柄や気立てなどは、ものを言っている話し声によって、物を隔てて聞いていてもわかるものである。


面影。名残り。


出典源氏物語 宿木


「あやしきまで、昔の人の御けはひに、通ひたりしかば」


[訳] 不思議なくらい、亡くなった人の御面影に、似通っていたので。


血縁。ゆかり。


出典源氏物語 竹河


「六条院の御けはひ近うと思ひなすが、心ことなるにやあらむ」


[訳] (薫(かおる)は)六条の院(=源氏)のご血縁に近いとしいて思うのが、格別に見えるのであろうか。


(二)

【化粧・仮粧】化粧。


出典義経記 七


「児(ちご)を具したる旅なれば、けはひの具足を持つまじきいはれがあらばこそ」


[訳] 児を連れた旅なので、化粧の道具を持ってはならない理由があるのか。◇室町時代以降の用法。









けはひのページへのリンク
「けはひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

けはひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




けはひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS