古語:

さすがの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さすが 【刺鉄】

名詞

馬具の鐙(あぶみ)を下げて止める金具。



さすが 【流石】

副詞

そうはいうものの。そうかといって、やはり。▽前のことと裏腹になるさま。


出典源氏物語 宿木


「いみじくそしりつぶやき申し給(たま)ひけれど、さすがゆかしかりければ参りて」


[訳] (大納言は)ひどく非難し不平を漏らしておいでだったが、そうはいうものの(藤(ふじ)の宴が)見たかったので参上して。


いかにも。なんといってもやはり。▽当然であるさま。


出典平家物語 五・都帰


「福原は山隔たり江(え)重なって、程もさすが遠ければ」


[訳] 福原は(旧都との間に)山もあり川もいくつもあって、道のりもいかにも遠いので。









さすがのページへのリンク
「さすが」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さすがのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さすがのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS