古語:

さるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ・る 【晒る・曝る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


日や風雨にさらされて、色や形が変わる。「しゃる」とも。


出典霊異記 下


「久しきを歴(へ)て日にさりたるも」


[訳] 久しい年月がたち日にさらされて、色や形が変わっていたにもかかわらず。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


日や風雨が当たるままにする。さらす。


出典霊異記 下


「身を投げ骨をさりて」


[訳] (川)に身を投げ骨をさらして。


[三]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


[一]に同じ。


出典散木集 


「陸奥(みちのく)の蓼生(たでふ)に骨のされむとすらむ」


[訳] 奥州の蓼生の野に(人)骨がさらされようとするのだろう。



さる 【然る】

連体詞

そのような。そういう。そんな。


出典伊勢物語 九


「みな人ものわびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。さる折しも」


[訳] そこにいる人は皆、なんとなくせつなくて、都に愛する人が必ずしもいないわけではない。(それを思い出す)そのような折に。


しかるべき。相当な。立派な。


出典徒然草 二三一


「別当(べつたう)入道、さる人にて」


[訳] 別当入道は、相当な(気の利く)人物であって。


ある。某。しかじかの。▽対象を漠然と示す。


出典隅田川 謡曲


「この在所にさる子細(しさい)候ひて」


[訳] この土地にある事情がございまして。◆ラ変動詞「さり」の連体形から変化した語。



さ・る 【戯る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


たわむれる。はしゃぐ。


出典枕草子 かたはらいたきもの


「旅だちたるところにて、下衆(げす)どもされゐたる」


[訳] よそに泊まった先で、(お供の)下男たちがはしゃいでいるの。


才気がある。気が利く。


出典源氏物語 紅葉賀


「『入(い)りぬる磯(いそ)の』と口ずさみて、口おほひし給(たま)へるさま、いみじうされて、うつくし」


[訳] 「入りぬる磯の」と口ずさんで、(袖(そで)で)口もとをお隠しになられた(紫の上の)ようすは、たいへん気が利いて、かわいらしい。


色気がある。


出典源氏物語 少女


「年の程よりはされてやありけむ」


[訳] (惟光(これみつ)の娘は)年齢の割には色気があったのだろうか。


しゃれている。風情がある。趣がある。


出典源氏物語 浮舟


「されたる常磐木(ときはぎ)の影茂れり」


[訳] 風情がある常磐木の姿は枝葉が茂っている。◆後に「ざる」とも。



さる 【猿】

名詞

動物の名。


こざかしい者や猿に似た顔つきの者をののしっていう語。



さ・る 【避る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


よける。避ける。


出典徒然草 五九


「えさらぬ事のみいとどかさなりて」


[訳] 避けられない用事ばかりがいっそう重なって。


断る。辞退する。


出典更級日記 宮仕へ


「『若い人まゐらせよ』と仰せらるれば、えさらず出(い)だし立つるに」


[訳] 「若い人を出仕させなさい」とおっしゃるので、どうしても断ることができなくて出仕させるのだが。



さ・る 【去る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


〔季節や時刻を表す語に付いて〕来る。なる。


出典金葉集 秋


「夕されば門田(かどた)の稲葉おとづれて」


[訳] ⇒ゆふさればかどたのいなば…。


離れる。立ち去る。


出典徒然草 四一


「『ここへ入らせ給(たま)へ』とて、所をさりて呼び入れ侍(はべ)りにき」


[訳] 「この場所にお入りください」と言って、そこを立ち去って(私を)呼び入れました。


(地位などから)退く。おりる。


出典源氏物語 若菜上


「御位をさらせ給(たま)へれど」


[訳] (朱雀(すざく)院は)み位を退いていらっしゃるが。


過ぎ去る。


出典平家物語 三・城南之離宮


「時さり年来たって」


[訳] 時は過ぎ年は来て。


〔「世をさる」の形で〕死ぬ。出家する。


出典源氏物語 若菜上


「うちつづき世をさらむきざみ」


[訳] 引き続いて私が死ぬときには。


変化する。あせる。


出典貫之集 五


「雨降れば色さりやすき花ざくら」


[訳] 雨が降ると色の変わりやすい花ざくらよ。


隔たる。


出典今昔物語集 三・一四


「宮の北に二里をさりて方丈の室を造りて」


[訳] 宮殿の北方二里隔たった所に一丈四方(=約九平方メートル)の家を造って。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


遠ざける。離す。


出典源氏物語 桐壺


「あながちに御前(おまへ)さらずもてなさせ給(たま)ひしほどに」


[訳] (桐壺更衣(きりつぼのこうい)を)無理やりおそばから離さないで(帝(みかど)が)お扱いになっていらっしゃるうちに。


離縁する。離別する。


出典今昔物語集 二七・二四


「男、…この妻(め)をさりて」


[訳] 男は、…この妻を離縁して。



さる 【申】

名詞

「十二支(じふにし)」の第九。


方角の名。西南西。


時刻の名。午後四時。また、それを中心とした二時間。









さるのページへのリンク
「さる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS