古語:

しゃくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

-しゃく 【勺・夕】

接尾語

容積の単位。「升(しよう)」の百分の一、「合(がふ)」の十分の一で、一勺は約〇・〇一八リットル。


土地の面積の単位。「坪(つぼ)」の百分の一で、一勺は約〇・〇三三平方メートル。◆「せき」とも。



-しゃく 【尺】

接尾語

長さの単位。「寸」の十倍、「丈(ぢやう)」の十分の一。高麗(こま)尺・鯨(くじら)尺・曲(かね)尺など各種の尺があり、曲尺の一尺は約三〇・三センチ、鯨尺の一尺は曲尺の一尺二寸五分に当たる。「さか」「さく」とも。



しゃく 【笏】

名詞

礼服または朝服を着用するとき、右手に持つ細長い板。元来は、儀式の次第のメモなどを書き付ける備忘用の板であったが、後に威儀を整えるためのものとなった。象牙(ぞうげ)または木で作られる。「さく」とも。


参考

「笏」の本来の字音「こつ」が「骨」に通じるのを嫌い、長さが一尺(=約三〇センチ)ほどであることから「尺」の字音「しゃく」を借りた。









しゃくのページへのリンク
「しゃく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しゃくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しゃくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS