古語:

せさせ給ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > せさせ給ふの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せ-させ-たま・ふ 【せさせ給ふ】

分類連語


〔「さす」が使役の意の場合〕させなさる。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「御誦経(みずきやう)などあまたせさせたまひて」


[訳] (左大臣は)僧に経を読ませなさることなどをたくさんさせなさって。


〔「さす」が尊敬の意の場合〕なさる。なられる。あそばす。


出典竹取物語 燕の子安貝


「せさせたまふべきやうは、このあななひをこぼちて」


[訳] (燕(つばめ)の子安貝(こやすがい)を手に入れるために)なさるべき方法は、この足場を壊して。


なりたち

サ変動詞「す」の未然形+使役・尊敬の助動詞「さす」の連用形+尊敬の補助動詞「たまふ」



せ-させ-たま・ふ 【せさせ給ふ】

分類連語


…させなさる。お…せになられる。…させあそばす。


出典枕草子 うへにさぶらふ御猫は


「御鏡をもたせさせたまひて御覧ずれば」


[訳] (皇后は私に)御鏡を持たせなされて(自分の髪を)ご覧になるので。


なりたち

使役の助動詞「す」の未然形+尊敬の助動詞「さす」の連用形+尊敬の補助動詞「たまふ」









せさせ給ふのページへのリンク
「せさせ給ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

せさせ給ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




せさせ給ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS