古語:

そぼつの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そぼ・つ 【濡つ】

自動詞タ行上二段活用

活用{ち/ち/つ/つる/つれ/ちよ}


(雨・涙などで)ぬれる。びしょびしょになる。


出典徒然草 四四


「稲葉の露にそぼちつつ」


[訳] 稲の葉に置く露にぬれながら。


(雨・涙などが)しめやかに落ちる。そぼふる。


出典古今集 恋三


「明けぬとて帰る道にはこきたれて雨も涙も降りそぼちつつ」


[訳] 夜が明けてしまうといって帰る道にしごいたようにこぼれて落ちて雨も(つらい別れの)涙もひどく降り落ち続けることだ。◆上代は「そほつ」か。









そぼつのページへのリンク
「そぼつ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そぼつのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




そぼつのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS