古語:

そとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そ-と

副詞

ちょっと。少し。


出典西行桜 謡曲


「はるばるこれまで参りて候ふ。そとおん見せ候へ」


[訳] はるばるここまでやって参りました。ちょっとお見せください。


ひそかに。そっと。


出典春栄 謡曲


「高橋殿へそとおん目にかかりたきこと候ひて」


[訳] 高橋様にひそかにお目にかかりたいことがございまして。



そと 【外】

名詞

外側。外部。外面。室外。戸外。


出典卒都婆小町 謡曲


「極楽の内ならばこそ悪(あ)しからめ、そとはなにかは苦しかるべき」


[訳] 極楽の中でならば悪いだろうが、外ではどうして不都合なことがあろうか。⇒外(と)・(ほか)。


仏教以外の教え。特に、儒教。◇仏教を「内(うち)」と呼ぶのに対していう。


参考

「うち」に対する「そと」は中世以降の語。中古までは、多く「と」が用いられた。









そとのページへのリンク
「そと」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そとのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




そとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS